高円寺路上レポ(2020.1.26)

今日もバイト終わりに高円寺駅へ路上市に行きました。

行く前にベッドの上で少し気絶(ただの仮眠)。

曜日は日曜日。だけど昨日よりも路上ミュージシャンの数は多かった。始める前に車から歌っている旅人系ミュージシャンもいて、高円寺は賑やかでした。

僕もいそいそと準備をして歌い出す。

明日が月曜日で仕事の週初めの方が多いかなと思って、もしかしたら憂鬱になっている人がいるかもなって思ったのでそんな方々に元気を与えるつもりで選曲、歌っておりました。

高円寺駅北口の路上スポット。

しかしさすがは日曜日。全然人が過ぎてゆく。恐らく明日の為に寄り道せず早く帰りたい、という方が多いんでしょう。土曜の夜と日曜の夜では世界が変わります。

と思っていると、立ち止まってくれる方が。どうやら同業者。歌を歌っているお兄さんだそうです。

大迫力。

開口一番、お兄さんが僕に一言。

「大変ですよねえ。」

しみじみ。お互い通じるもの、分かり合えるものを感じました。歌うたいには歌うたいの苦労があるよね。もちろん幸せも。頑張りましょうね。

その後、インスタライブを見てくれていたみのるさんが駆けつけてくれました。いつも来てくれて撮影してくれます。感謝。

そしてちょっとした後にポン酢さんも登場。なんだか嬉し過ぎて調子悪かった声も調子良くなりました。

旅の時からそうなんだけど、歌声って気持ちが大きく大きく関わるんです。旅中、見知らぬ土地で死ぬ程疲れながらも歌うしかない場面があったのですが、やっぱ良い声なかなか出ません。

そんな中で、「頑張れ」って声をかけてもらえたり投げ銭をしてもらえたりした瞬間って嬉し過ぎて、精神的にも体力的にも回復して声が出るようになるんです。不思議。

なので歌うたいはブレないメンタルを作らねば。

たくさん撮影していただき、最後はみのるさんとパシャり。

林の画面バキバキI Phone6sで撮ろうとしたらデジカメで撮ってくれた。うーん、カメラって大事!

今日もありがとうございました。チケットは売れなかったけどやっぱこういう積み重ねの日々が1番大切なのです。

とはいえ少し最近体力無視して動き過ぎたので、明日は路上はお休みします。てか、雨予報のはず。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です