一人じゃ何もできないっぽい

副鼻腔炎と花粉症デビュー戦を戦い抜いている、林です。

コロナ自粛の世の中。でも家にずっといると気が狂いそうになりますね。そんな中、何かプラスになればなあと思ってPCをカチカチカチカチ…情報を色々漁ってます。

やっぱ知らないこと多くて、勉強なりますね色々。

ネット見ていると、素人ミュージシャンが自分の音源、動画を発信できるプラットフォーム「Eggs」というサイトが目につきました。

いろ〜んなサイトはあるけど、見た感じHOTだったのでこちらに僕の曲を上げて、ページも少し作っておきました。

https://eggs.mu/home?en=hayashieiki

タワレコとレコチョクの運営らしいですね。Eggs通してのオーディションとかもあったのでそれも気になるな…

スマホのアプリから入ると、SpotifyとかApple Musicみたいにな音楽配信アプリのような作りなんですね。

下の広告みたいのは再生中の曲。

登録アーティストがゴマンといて、そのアーティストページに飛ぶと、アップロードしている無料音源がこんなプレイリストみたいな感じで聞けます。今っぽくてイイね!

曲の歌詞や楽曲解説も載せれるのが嬉しい!僕はそれぞれ載せたんだけど歌詞の方はスマホでどこから見れるんだろう。楽曲解説はすぐ見つけられたけど。

僕の曲たちの解説って全曲はしてこなかったと思うんで、今回14曲(贅肉などのネタ曲含む)それぞれ解説つけました。読んでみてね。

曲の画像もそれぞれ変えれるんだけど、ちょこちょこ作成していたYou Tubeチャンネル動画のサムネを引用しました。(ここでも役に立つとは!)

やってきたことってどこかで役に立つって改めて思った。日本一周の時に書いてたインスタ日記は本になるし、公園で一人で遊ぶ風景を撮った動画たち(暇つぶしで)は本の中のアソビになるし。無駄だと思ってもどこかで繋がるもんですね。

こんな無人で歌っていた時もきっと何かに繋がるのだ。というか自分次第でこれからの何かに繋げられるよねって話。

話変わるけど実はEggsをやったのは本来の目的ではなくて。そろそろちゃんと音楽配信サービスに自分の音源を配信しましょうよ!!っていうのがありまして(ホント早よせい!)

今の音楽配信サービスっていうのは今もう常識になってるApple MusicとかSpotifyとか、定額制で大量の音楽聴き放題っていうやつですね。いわゆるサブスク。

今映画館とか洋服とかなんかも定額制〇〇し放題〜って流行ってるけど、音楽が一番早かったそうな。知らんけど。

その音楽配信サービスに林の音源も!!載せる!!って前から思っててようやくやり始めたわけです。

え、世に出てないミュージシャンがSpotifyとかそんな有名なサービスに登録できるの?って話なんですけど、実は誰でもできます。素人でも可能にする専門のサービスがまたあるんですね。

そこでWeb音痴日本代表の林が試行錯誤やってみて、よぉ〜し最後に「配信する」をポチるだけだ!!という局面でこの画面

矢印がミッキーの手みたいだね

恐いて!!

取り下げもできんのかい!!!

いや、大丈夫だとは思うけど!!

Web音痴日本代表やから!!!

てか修正できないの?取り下げも出来ないのはなんぜ?

自信ないわけじゃないけど、ちょっと落ち着いて誰かに相談しよう、そうしよう。

クッソ〜。

今日は以上です。

ここらでやめても、良いコロナ〜

楽しかったワンマンライブが終わってから、すっかり姿を眩ましている、行方不明シンガー林です。

一つ節目を迎えるとすーぐ姿眩ます。そんな性質をお許しください。

そうそう、ワンマンの次の日は気まぐれプチオフ会と題しまして、林と交流ある方々とカラオケに行って参りました。

楽器隊が歌をサポート。豪華ですね。

歌いたい人は歌い、練習したい人は練習をし、食べたい人は何かつまみ、聞きたい人は聞き。とても自由な人生初オフ会でした。

解散前にパシャり。林の顔にできた影どろぼうみたいやん。

ワンマンから続けてオフ会参加、皆さん大変ありがとうございました!林、もっと歌うまくなるよう練習します!うお!

夜ごろ帰宅して、次の日からバイトバイト…

これが夢追いフリーターの現実か。

追い討ちをかけるように、花粉症デビューが猛威を振るう。

1日中鼻水、くしゃみ10回以上、激しい目のかゆみ。

デビューしたてのパワーってすごい。溢れる貪欲さ。俺も花粉症見習う。いつまでも初心忘れずにいよう。

「どんな敵も考え方で味方につけよう」

あまりにも辛かったので病院へ行き見てもらうと、副鼻腔炎も併発していることが判明。

僕は春に差し掛かる頃毎年副鼻腔炎にかかっているので驚きはしなかったけどお医者さんが「花粉症なんかよりあんた副鼻腔炎なおさんと!」みたいな感じだったので「僕は花粉症が辛いんだよぉ!今年デビューで色々戸惑っているんだ!副鼻腔炎なんか友達だから花粉症のこと見てくれよお!」と心の中で叫びました。

それから何日かして、音楽仲間の企画ライブ参加前日の夜。事件は起こった。

50年ぶりに熱を測った。

発熱。

発熱。

いや、全然大したことないのはわかってるんだけど。

時期よ時期。

「コロナ」

世間のコロナ対策ムードに疲弊しきっていた最中。発熱するとどうしてもコロナさんがよぎる。

ひと月前とかなら慌てなかったんだけど、最近になってまたすごいじゃない?

僕も死ぬほど手洗いうがいは徹底してたんだけどなぜなの?

本来ならこのくらいだったら何も休まず普通に過ごすんだけど、そんなご時世ってことで次の日のライブはキャンセル、バイトもおやすみいたしました。

コロナの可能性が0ではないので。

翌日すぐ病院行き、血液検査。

看護師「良い血管だから注射しやすいわお兄さん!」

林「よく言われます。」

看護師「…」

〜検査結果〜

コロナ、その他ウイルスの感染無し!!でした。

とりあえず安心しました。

全然大したことなかったので、副鼻腔炎と花粉症の薬もあるし解熱剤等はもらいませんでした。

熱も下がり、今大変なのは相変わらずの鼻水と喉の違和感ぐらい。まあ毎年のこと。

目のかゆみは治まりました。おくすりすごぉい!

というわけで、バイトもライブもおじゃんになって暇になった林。

日本一周が終わってから、ぐわーっと駆け抜けてきました。

少し急いでしまったところも正直あったけど、後悔はしてません全く。

常に自分の能力以上のことに挑む。

とは言っても、ちょっと少し落ち着いて、今自分がどこにいるのか、どこを目指しているのかを確認するためにも今一度この神様がくれた体調不良と言う名の足踏み期間(良いように言うな)を使って色々考えておりました。

結果は、

「色んな人に会って吸収して、自分のできることを積み重ねる」

でしょうか。

考えれば考えるほどドツボにハマるというか。人間て不思議で、出来ない理由をまず探してしまうってのが痛いほどわかりました。

本能的に、変化=死 の公式があるので人間は今のままが一番と思いこむわけですが、それの堂々巡りをしてると気づいたんです。

いやあ、良くない。良くないよ林!!!

てことで、自分よりすごい人にこれからたくさんコンタクトして、現実世界でもネット上でもドブ板営業してこうと思います。人はちゃんと見てね。

そして、できることをコツコツコツコツ。やるしかないです。

また更新します。

2020/2/22 入場料無料!100人動員FREE LIVE!in 高田馬場Live Cafe monoレポート

先日、ついにワンマンライブを迎え無事終えることができました。

ライブの週に入ってから路上が一回もできないくらい色んな準備に追われ、連日深夜まで当日に向けて作業を繰り返して迎えた22日でした。

当日、起きてまず会場費を降ろしに銀行へ。そのあとは弦の張替え。ここでアクシデント。

焦っていたからか、張替え作業の時に一つミスを犯し、1弦が巻けなくなる。テンパっているので、ギターがおかしくなった、壊れた!と思い込む。

そのままライブハウスや楽器屋さんに連絡したりしてどうにかしなきゃと思っていたんだけど、よ〜くギターを見ると自分の巻き方の単純ミスだと発覚。

というわけで、チャリンコ爆走で近所の楽器屋へ。往復で30分はかかるので、急ぐ。こんなに頑張って漕いだのは久々で、ライブ当日にチャリダー旅人時代を思い出しました。シンガーソングチャリダーでした。

家に着き弦を無事張替え、少し落ち着いて高田馬場へ出発。

会場に着いてすぐに座席レイアウト、物販レイアウト等を確認。

かっこよく書いていただいてありがとうございます!やっぱぱっと見日本人の名前じゃない感
グッズたくさん。

そんな中、ファンの方が一人先に会場入り。

香川から来てくれたファンの方。実はクラウドファンディング のリターンの「ワンマンライブのリハーサル見学コース」を選んでくれた方なのです。

楽しんでもらえたかな。物販スタッフありがとう。

その後はサポートのカンジさん、急遽OAをお願いして承諾してくれた雄一郎さんも会場入り。

リハを終え、オープンと同時に楽屋へ待機。人が入って来ているのがわかり、鼓動が早くなる。

一緒に待機してたカンジさんと雄一郎さんと軽く談笑しながら、時にはギターを拭いたりして精神統一。

そして18時半。START。

雄一郎さんがOAでまず歌いにいく。

よく見ると前髪アシメの雄一郎さん。OAありがとう!

ラスト3曲目で手拍子が自然と鳴った。お客さんが温かい。

嬉しさと緊張感が高まる。雄一郎さんが歌い終え、僕とカンジさんの番。握手をして、ステージへ。

遂にカンジさんの顔が8割方公開。

もう、歌い始めると一瞬で終わった。体感速度って本当にあるなって。時間がどれくらい経ってるとか本当にわからなかった。

この二人の顔、好き。カンジさん「!?」みたいな表情してるけど、林のタイムが狂った瞬間だったのだろうか。。。

積み上げて来たものを披露するわけだから、正直、ど緊張。演奏がうまくいかないところが悔しかった。ただ、ど緊張の中でも準備して来たところは嘘つかないわけで、よくできたところもあった。

頑張れのコールアンドレスポンスは、実はやったことがなくて。みんな歌ってくれるか不安だったんだけど、ありがとう。

アンコールまでが本当に一瞬で過ぎ去った。

最後の曲を終えてから、楽屋へ帰る。カンジさんを置いて一人でそそくさ帰ったので楽屋でカンジさんから「早いよ」と突っ込まれました。不慣れですいません笑

楽屋で当たり前のようにアンコールを待っていたけど、そういえばアンコールのサクラを今回本当に用意してないことにその時気づき、俺は大変なことをしてしまったと思ったのもつかの間、優しいお客さんしかおらず大きな大きなアンコールが聞こえて来た。

安心してすぐ出て行こうとしたらカンジさんから「早いよ」と突っ込まれました。不慣れですいません笑

良きタイミングで再登場。

子供のような笑顔。楽しんでます林。

ステージ戻り、「アンコールありがとう!」と言うつもりが、まさかのファンの方のサプライズで全員ペンライトを持っているという光景。

その為、アンコール第一声は「ペンライト?!」

入場の時にお客さん一人一人に配って説明してくれてたみたい。ほんまありがとうやで。

アンコールも無事終わり、写真撮影。

写真協力ありがとうございます!林は左目の方が小さいのです。ちなみに右口角があまり上がらない。

本当に、あったかいお客さんでした。

前回のワンマンライブも、お客さん20人ちょいぐらいで。

なんだか悔しくて、今回は無料にして100人呼んでやるうおーって気張って。

旅を終えた勢いで、なんとなーくできる!とにかくまず動け!みたいなので始まった今回のクラウドファンディング や、路上のチケット手売り。

本当に上手くいかなくて。クラウドファンディングもだらしないことして失望させてしまったり。

途方にくれたこともあったけど、やっぱり支えられてこの日を迎えることができて幸せでした。

ライブまでの期間に出会えた人たちもほんとありがとうございます。

100人呼ぶことなんかより大事なものってあって。

目先の数字、結果ばっかり見てて。なんかそんな数字のかっこいい勲章欲しくて一人で突っ走っていろんなもの見落としてた。

お客さんの数は変わらないけど、前回のワンマンライブの何十倍も自分的には良いものに出来た。

前回ももちろん、今回来てくれたお客さん方と縁を作れた自分が誇らしくて。それくらい、皆さんがあったかかった。みんな、天才だった。

アンコール終わり、最後は打ち上げ。

10人以上で飲み放題!結果12人!やったね!もうベロベロの状態です。

皆さんを見送り、帰り際にファンの方から頂いていたこれまたサプライズのお花とパシャリ。

サプライズフラワー。そんな言葉は多分無い。こちらの顔も酔ってます。

実はこの花。僕が日本一周の時に出会った同じ旅仲間が経営する花屋さんから取り寄せしたとのこと。

僕が旅中に、コンビニで休憩してるとかっこいい日本一周の自転車を見つけたんです。あまりにも装備がしっかりしてたのでついつい見惚れて。

看板にSNSのIDが書いてあったんで勝手にフォローして。したらメッセージが来て、お互い頑張りましょうと言ってくれて。

僕のファンの方もそれを知っていて、今回その旅仲間の経営する花屋さんで取り寄せてくれたらしく。

しかも旅立ちやそんなイメージで花を作ってくれたらしく。

感動、感動、感動。素敵すぎる。

なんとなく見惚れたあの自転車から、こんなことになるなんて。

皆さんありがとうございます。

というわけで、今回のワンマンライブは大成功で終了。

また次の挑戦、戦いに向けてまずは今まで目をそらして来た「知る事」と向き合います。

準備ができたらまたお会いしましょう。

とか言うけど普通にまた配信とかしますね。

本当に、どうもありがとうございました!!!!

SET LIST

  1. 寂しがりやブルース
  2. それでもあなたが
  3. 君の事だけは唄にできない
  4. 友達
  5. 天才になれなかった僕へ
  6. オレンジ
  7. 春色
  8. 頑張れ
  9. ドリームジャンキー
  10. 世界一優しい君へ

アンコール

  1. 贅肉
  2. おかえり